ヘナで髪のアンチエイジング > ヘナ白髪染めで用意するもの

ヘナ白髪染めで用意するもの

ヘナで白髪を染めるために必要なものを用意しましょう。


◆ヘナパウダー

まずは良質なヘナパウダーを用意しましょう。
混ぜものがない100%ヘナを選ぶのが基本です。「良いヘナの見分け方は?」ページも参考にしてください。

ヘナパウダーの量は髪の長さとボリュームによって差がありますが、下記の量が目安になります。
なお、初めてヘナで染める場合は少し多めに使うといいでしょう。

  ショートヘア:30~50グラム
  セミロング・ロングヘア:50グラム~

ロングヘアの場合、初めての場合は髪全体にヘナが行き渡るように100グラムは用意したほうがいいと思いますが、二回目以降は白髪が伸びてきた部分、つまり頭皮中心に使うことになるので50グラムぐらいでも大丈夫です。
一度に多くのヘナを使うよりも、適量で染める頻度を多くしたほうが美しい髪を維持できます。


◆ぬるま湯(コーヒー、紅茶)

ヘナパウダーを溶くのに、夏場以外はぬるま湯を使います。
(夏の暑い時期は常温の水で大丈夫)

ヘナのにおいが気になる場合は、コーヒーや紅茶、ハーブティーなどで代用してもいいでしょう。


◆ビニール手袋(ゴム手袋)

ペースト状にしたヘナを髪に塗っていく方法として、コームなどの道具を使ってもいいのですが、より効果的にヘナを使うには手で地肌からもみ込むようにするのがオススメです。

ただし素手でヘナを扱うと爪や指先が染まってしまうので、手袋が必要となります。
ヘナパウダーを買うと付属品として手袋もセットになっていることがありますが、もしついていなかった場合は 100円ショップなどでビニール手袋を買いましょう。

染めているときに指先が破れることもあるので、二枚重ねで使うのが安心です。
そのためにも多めに手袋を用意しておきましょう。


◆小さめのボウル&スプーンなど

ヘナをペースト状にするために、入れ物と混ぜる道具が必要となります。
一回分(ヘナ30~100グラム程度)であればそれほど大きな器は必要ありません。
小さめのサラダボウルのようなもので十分です。

100円ショップなどで売られているドレッシングを作るためのボトルを利用してもいいでしょう。


◆シャワーキャップ(ヘアキャップまたはラップ)

ヘナペーストを髪に塗ったあと、ヘナが乾かないように保湿する必要があります。
(ヘナが乾くと白髪を染めることができません)

手軽なのはシャワーキャップです。
手袋と同じように、ヘナパウダーを買うと付属品としてセットになっていることがあります。
もしついていなかった場合、これも100円ショップなどで買いましょう。

また、面倒でなければキッチン用のラップで頭を包むという方法でも問題ありません。


◆汚れてもいいタオル

ヘナペーストを髪に塗ってシャワーキャップなどで保湿し、1時間から3時間ほどその状態で待ちます。
その間にヘナペーストが首筋に流れてくる場合もあるので、首周りを保護するためにタオルを用意しておくといいでしょう。


◆ケープ/バスローブ

ヘナを塗るのは髪を洗ったあとに浴室で行うのがラクですが、服を着た状態で行う場合は汚れないようにビニールのケープなどを用意しましょう。

浴室でヘナを塗ったあと着るのに、バスローブがあると便利です。


いろいろご紹介しましたが、ヘナパウダー以外は特別なものはありません。
他のもので代用できるものもありますから、手軽にヘナカラーリングを試してみましょう。

Next Page:ヘナ白髪染めの手順


ヘアケア最新ニュース