ヘナとは?

ヘナとは、主にインド、ネパール、パキスタンなどの西アジアに広く自生している植物で、3~6m程の「指甲花(和名:ツマクレナイノキ)」というミソハギ科の低木です。

英語名の「Henna」から、日本では「ヘナ」や「ヘンナ」と呼ばれるのが一般的です。

昔から植物染毛剤や薬剤、防腐剤として使用されてきました。
ヘナの歴史は非常に古く、古代エジプトでは髪、爪や唇に色を付ける化粧品として使われていました。

また、ヘナには殺菌効果や体温を下げる効果があることも知られており、インド伝承医学アーユルヴェーダでも皮膚予防、止血、おでき、やけど、打撲傷、防腐剤、皮膚炎などの薬剤として使われていました。


最近では安全なヘアカラー(白髪染め)として注目されています。

Next Page:ヘナの特徴


ヘアケア最新ニュース